読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

33歳。まさかガンなんて!

子宮頸がん検診で増殖症→子宮体癌→治療中。

大病院。

紹介状と細胞診したプレパラート持って
旦那様(彼も有給休とってくれた)と大病院へ。

待合室では静かにする派のウチ。
喋りたい旦那様。
ちょっとケンカになるw

呼ばれて中待合室@1人。

先生どんな人かな…
聞かないと喋らん人とか嫌だな…
色々説明してくれる先生がいいな…
言われたことは調べて理解していくから専門用語でもなんでも喋り倒してくれる先生求むー!!
そんなこと思いながら呼ばれて入ると

あいさつもそこそこに

『先に診察しようかね』

はい?
あ、診察台か…(^^;;

何度乗っても落ち着かない診察台
カメラ?突っ込まれたまま用紙切れてて取り替えるとかハプニングありつつ
ちょっと痛いのあったから前の病院と同じ検査だね。
うぐうぐ言いながら診察終了。
支度中に妊娠希望か聞かれた。

前の病院からの紹介状を見つつ
『子宮内膜増殖症で異型ありだからね〜早期ガンに近い状態だし普通なら全部摘出なんだけど、内膜ソウハしてホルモン飲んでもらうことになるかな。今月なら再来週に手術できるけど予約する?』



…(°_°)

『はい お願いします』


『じゃあ来週MRIを××病院の検査棟で撮ってきてもらう事にしよう。で、10日後に入院手続きと手術前検査ね。で、再来週入院して手術ね。2泊してね。聞きたいことある?』

…(°_°)

『な…い…です。よろしくお願いします』

『じゃあ××病院の案内とか色々あるから中待合室で待っててね』



中待合室で待つ。

サラッと言われたけど、
ガンなん??
細胞増える病気とかじゃなかったんけ?

えーと、自分の位置がわからん…
目覚めたら結構真っ暗な洞窟ん中!みたいだ。
出口がどこか、道が何本あるんか、そもそも外の世界あるんかわからん!
そんな感じ。
帰ったら調べよう。自分の置かれてる状況を。




広告を非表示にする