読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

33歳。まさかガンなんて!

子宮頸がん検診で増殖症→子宮体癌→治療中。

知識としてのまとめ。

子宮内膜異型増殖症に関して得た知識。

 
若い世代の子宮体癌は生理不順の人に多いみたい。
根治のためには全部摘出なんだけど
条件を満たしてれば温存治療の方法があるらしい。
妊娠希望で、ガンになる前のちょっとおかしくなってくる状態(ゼロ期)で見つかれば、子宮内膜を掻き出して、抗ガン剤と同じような副作用あるホルモン剤(ピルの何倍もの濃度)を飲んでいく。結構ツライみたいだけど…
しばらくしてもう一度内膜を掻き出して治ってれば出産を経て、摘出したり。
ガン化してきたら全部摘出。

少し改善されて妊娠できたとしたら
出産後に摘出。

最終的には摘出なのか…
異型なしになればずっと温存できるみたいだけど
ずっと検査があるみたい。

摘出のデメリットは排尿障害。
まぁ、ぎゅうぎゅうに詰まってる内臓がひとつなくなるから隙間があれば押し出す力が弱まるのはわかるな。
でも最悪自己導尿。これはばぁちゃんがやってたからしんどいの知ってるから怖いなって思う。




子宮内膜増殖症(異型なし)

子宮内膜異型増殖症
(ガン0期とか前癌病変とも言う)

子宮体癌ステージ1

子宮体癌ステージ2

子宮体癌ステージ3

子宮体癌ステージ4

…わたしはまだ生きられるだけ良いのかもしれない。
道を選べるだけ幸せなのかもしれない。
そう思った。