33歳。まさかガンなんて!

子宮頸がん検診で増殖症→子宮体癌→治療中。

病理診断書。よ、読めない…


『組織のほとんどは、臨床診断の時に出てた【子宮内膜異型増殖症】なんですけどね』

うんうん(°_°)

『ほんの一部だけに悪いのが見つかって…
だからほんの初期の子宮体癌ってことになります。』

うんうん(°_°)

『そして
治療というか、取ってしまう方法がひとつ。
せりさんまだ若いから取るよりはMPA療法というのをおすすめするんだけど、MPA療法について説明してもいい?』


うんうん(°_°)

MPA療法は最初の頃めっちゃ調べたから知ってたけどちゃんと聞いた。
病院によって期間とかに違いがあるみたいだし血栓怖いし…確実に太るらしいし(´・ω・`;)
もう不安がいっぱい。

血栓できにくくする薬も出してくださるということと、不安なので次回の診察は少し近めにしてほしいということで1ヶ月後の予約を取って終了。
診察室でのことを回想して、ハッと思って見た病理診断書

書いてあったのは






臨床診断→子宮内膜増殖症
子宮内膜全掻爬を行いましたので病理学的診断をお願いします
病理所見→
endometrioid adenocarcinoma with squamous differentiation,endometrium,curettage. 

検体の多くは生検組織で見られたのと同様の異型腺管の増殖を示す子宮内膜組織です。一部の腺管に篩状構造が見られ間質におよぶmorula増生が見られることからendometrioid adenocarcinomaと診断します。






理解出来ない(ΦдΦ)

というより

よ…読めない…(ΦдΦ)(笑)



endometrioid adenocarcinomaは子宮体がんってことはわかった。
ググって調べて要約すると、

子宮内膜掻爬した中身を見たところ、
前回の細胞診と同じような異型の細胞がありました。
その中に一部ガン細胞がありました。
なので
子宮内膜腺癌(子宮体部)ですよ。

あー!先生が言ったことそのまんまじゃん!
…そりゃそうか(´・ω・`;)
でも、なんでも納得いくまで調べる性分なのです。